余裕があるなら一棟買いをして生活を豊かにしよう

マンション投資

木のブロック

利益が得られる投資用マンションには、インカムゲイン方式とキャピタルゲイン方式の2つがあります。投資用マンションを購入するときは、空室のリスを軽減するために、その立地や築年数に注意が必要です。また、中古マンションを選ぶと初期費用が抑えられ、節約に繋がります。

賃貸経営での家賃の決め方

男の人

賃貸経営で大事なのは家賃相場を正確に掴むことです。家賃の推移を調べることが必要です。上昇しているのか下落しているのかによって、家賃の決め方も変わってきます。それを知るにはネットの賃貸情報サイトが便利です。無料で全国の相場がわかります。最近は入居者を確保するために礼金や敷金をなくす大家が増えています。

マンションは丸ごと購入

マンション

空室対策が行いやすい

マンション投資を行うときに懸念材料となるのが空室対策ですが、その対策のしやすさで優れているのが一棟買いです。部屋の数が多いから空室対策も大変になるのではないかと考えられてしまいがちですが、区分マンションを買うのに比べると実際には空室対策を柔軟に行えるメリットがあります。一棟買いをした場合には部屋だけでなく共有部分も全て自分のものになるため、自由に改変することが可能です。外壁塗装を行うだけでもマンション自体の魅力は高まるでしょう。エントランスにセキュリティーを設けることで目を向けてもらえるようになる可能性もあります。共有部分に目を向けた空室対策を行えるのは一棟買いをするメリットであり、マンション投資の不安を減らすことが可能です。

選択肢が多くて選びやすい

実際にマンション投資を行うときにも一棟買いには人気があります。その理由として大きいのは中古マンションの選択肢が多いことであり、目的に応じて適切な物件を選びやすいからです。高い利回りが欲しいというのは多くの人が考えることでしょう。しかし、それに加えて管理のしやすさや築年数なども考慮して自分が経営するのに合ったマンションを多数の候補から選ぶことができます。場合によっては古くてみすぼらしいマンションを選んだ上で、リフォームを行ってから経営するという選択肢も取ることができるでしょう。区分マンションに比べると古くから行われている販売形態なので、マンションを丸ごと買ってしまおうと考えた方が自分に合った投資を行いやすいのです。

手間なしに副収入

男女

airbnbで空き部屋を貸したい人は、生じてくる業務を代行業者に頼むことが便利です。ホストのニーズによって、清掃からゲスト対応まで担ってもらえます。ゲストの対応に誠意をもって対応してくれる代行業者をしっかりと選びましょう。