余裕があるなら一棟買いをして生活を豊かにしよう

賃貸経営での家賃の決め方

男の人

家賃の推移を調べること

アパートやマンションなどの賃貸経営を行う場合、家賃相場の動向が重要になります。家賃というのは入居者とオーナーの両者が納得できる値段を設定する必要があります。そのためには賃貸物件があるエリアの家賃相場をキャッチしておきます。家賃相場を見る時には現状の家賃だけでなく、過去の推移を調べます。家賃が上昇しているのか下落しているのかによって、家賃の決め方が変わってくるからです。家賃相場をキャッチするにはネットの不動産賃貸情報サイトを活用します。このようなサイトは無料で利用できますし、全国の家賃を知ることができます。サイトによってはエリアごとに家賃相場の推移がグラフで示されている場合もあり、とても便利です。家賃相場とその推移を知るには不動産情報サイトが役立ちます。

入居者が集まるポイント

家賃の決め方はとてもむずかしいです。入居者を確保するためには周囲の相場よりも安くすればいいのですが、それではオーナーの家賃収入が減ります。周囲と同じ家賃した場合、入居者を惹き付けるメリットが必要になります。例えば建物が新しいとかリフォームしたばかりなどです。入居者の立場に立てば、同じ家賃なら新しい部屋の方を選ぶはずだからです。または間取りが使いやすいとか、最新のセキュリティシステムが導入されているなどもポイントになります。最近では入居者の便宜を測る工夫が色々とされています。かつては常識だった礼金を廃止するオーナーが増えています。中には敷金も廃止するケースもあります。この場合は退室字に現状復帰費用を支払ってもらう方式になっています。